HOME > サービス紹介 > 表面加工 > ラミネーティング > 一般ラミネート素材

一般ラミネート素材general lamination material

PPフィルム

概要

OPPフィルムを印刷物に貼り付ける事により、保護性や平滑性の高い表面から光沢を付加することで美粧性を向上させることができます。ポスターなどPOP関連、パンフレットや書籍カバーなどによく使われています。主材料はポリプロピレンで作られてます。
一般的に光沢加工用のPPフィルムは接着剤が接着しないので、、パッケージやペーパーバック製品につきものの後加工(サック糊・ホットスタンプなど)に対応したPPフィルムも開発されました。当社ではS-648と呼ばれるフィルムを使用します。

イメージ

S-648はPP素材でありながらサック貼りが可能なように開発された、易接着処理の施されたフィルムの事です。厚みも20μとより強靭さを持ち、 後加工適正にすぐれたフィルムになっており、パッケージ関係によく使われています。PETよりも若干コスト的にも低く抑えられております。PETの代替品として 選択される事もあります。

加工可能な範囲

フィルムを用紙に貼り付けるため、原則的に材料の幅に依存しスポット加工はできません。
フィルム厚:15μ(ミクロン)と糊の層で25~30μが基本的な厚みになります。最大60μまで加工可能です(担当営業にお問い合わせください)。

基本在庫幅(mm)

460 535 625 780 930 1080
S-648:540 630 (780 930)

得られる効果

ツヤ 艶 耐久性 耐摩擦 耐水性、対静電性(S-648)

注意点

透明なフィルムがレンズ効果を発して、印刷色の赤味が増すことがあります。

マットPPフィルム

概要

PPフィルムの表面に微細な凸凹をエッチングする事により、艶を消してマット調に仕上げられたフィルムです。耐久性や耐水性の機能はそのままに、落ち着いた高級感とサラッとした手触りを付加することができます。
後加工適性にも優れており、追加の後加工(ホットスタンプやスクリーン加工)等に幅広く使用されています。これらのことから、高級パッケージなどによく見られます。

イメージ
加工可能な範囲

フィルムを用紙に貼り付けるため、原則的に材料の幅に依存しスポット加工はできません。
sフィルム厚:15μ(ミクロン)

基本在庫幅(mm)

460 535 625 780 930 1080

得られる効果

マット調 高級感 耐久性 耐摩擦 耐水性 対紫外線(弱)

注意点

マット調のため、印刷色の調子が下がり、ぼやける感じになります。

PETフィルム

概要

PPフィルムに比べて耐久性、透明性に優れており、印刷物を保護できます。若干ではありますが、紫外線への耐性があり、印刷色の変色を防止する効果もあります。 また、後加工適性に優れており、パッケージなどの糊の密着力が維持できるので、化粧品パッケージ等に幅広く使用されています。 飲料容器のペットボトルと同じポリエステルで作られてます。

イメージ
加工可能な範囲

フィルムを用紙に貼り付けるため、原則的に材料の幅に依存しスポット加工はできません。
フィルム厚:12μ(ミクロン) この薄さが透明性を向上させています。

基本在庫幅(mm)

540 630 780 930

得られる効果

ツヤ 艶 耐久性 耐摩擦 耐水性 対紫外線(弱)

注意点

赤浮き:透明なフィルムがレンズ効果を発して、印刷色の赤味が増すことがあります。

印刷・表面加工に関するご相談、お悩みは
太成二葉産業までお気軽にお問い合わせください。
お問い合わせはこちら